火山の地下を探る火山噴火予知を目指した科学掘削サービス

科学掘削

(産総研ホームページより)

火山学を含む地球科学の研究では地下深部で起きている現象の解明を目標としています。しかし、地表での観測や実験の結果からは、地下深部の実体は仮説やモデルとして推定されているにすぎません。仮説やモデルの検証には、科学掘削による地下の実態の調査が必要です。この検証研究の成果は新たなる仮説・モデルの構築へと展開し、調査研究の新たなる発展の基礎になります。

このように科学掘削とは地下を想像し、それを検証するところから始まります。これは地熱開発の手法と同じです。

雲仙科学掘削

雲仙科学掘削の配置

(産総研ホームページより)

雲仙科学掘削計画イメージ

当社はあらゆる科学掘削の要望に答えます!

画像クリックで拡大画像を表示します

パイロット坑掘削地点より普賢岳溶岩ドームを臨む
(平成13年度掘削)

パイロット坑掘削地点より普賢岳溶岩ドームを望む

上大野木場掘削地点より普賢岳溶岩ドームを臨む
(平成12,13年度掘削)

上大野木場掘削地点より普賢岳溶岩ドームを望む

火道掘削リグ遠望

パイロット坑掘削地点より普賢岳溶岩ドームを望む

(左:溶岩ドーム、右:リグ)

火道掘削リグと霧氷

火道掘削リグと霧氷

自然防災ソリューション